読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駐車料金を確認しなかったばかりに失敗した話

こんにちは。

 

実は、先日「金沢アートホール」という場所でイベントがあったんです。

www.art-h.gr.jp

 

ここは「ポルテ金沢」という建物の内部で、駅の近くにあります。

そこで、困るのが、駐車場の問題。

 

僕はいつも金沢駅の近くに用事があるときはコインパーキングを利用するのですが、今回は少し急いでいたのと、ポルテ金沢に駐車場があったのでそこに止めることにしたんです。

 

そしてイベントを7時間ほど終えて、帰ろうとしたとき、

 

「あれ、ここって駐車料金かかるんだっけ...?」

 

ということに気づきまして、調べたところ、

 

駐車料金は「最初の1時間400円以降30分200円」でした(;´Д`)

 

計算の結果3,200円の駐車料金です、、、。

さすがに衝撃!!完全に僕のミスですね(_ _;)

 

さらに、イベントの参加費を払ったことにより現金の持ち合わせがない!

ということで地下通路を通って駅のATMまで行ってからお支払しました。

 

いやあ、大変でしたね。

今後はしっかり駐車場の最大料金に気をつけたいと思います(^_^;)

 

では。

 

今考えていること

こんにちは。

現在、私はビジネスを始めることを考えています。

例えば、 ・メルカリでの転売 ・アフィリエイトの開始 ・写真の販売 ・家庭教師ビジネス ・能登を巻き込んだビジネス ・金沢へ来る外国人観光客

などを考えています。 実際に売り上げを出すつもりです。

何か応援していただける方などいらっしゃいましたら連絡をいただければと思います。 また、個人のスキル上げとしまして ・写真のレタッチ ・WEBサービス ・アプリ開発 などを行おうと考えています。

なにかおすすめなど教えていただけたら幸いです。

寂しさについて

こんにちは。

 

今日は、寂しさについて書いてみます。

 

人間、みんな一人で生きているんです。

たとえ友達が多くても、恋人がいても、この世においては生きているのは一人です。

 

そして、その人達とずっとつながっていることはできないんです。

だから、一人になったとき、寂しくなる。

 

失って初めて分かるんです。その人が自分の心の中をどれだけ占めていたか。

これは、僕達が生きていくことへの一つの試練なんだろうなと思います。

 

でも、一人がさみしいからこそ、みんなでいるとき、大切な人といるときの安心感は一層強くなるんだろうなと思うんです。

 

それでは。

気多大社に行ってきた

こんにちは。

最近、僕が思うことや考えることの記事が多めでしたが、今回は石川県の記事です。

先日、気多大社に行ってきました。

 

金沢から車を走らせること小一時間、羽咋市気多大社がございます。

 

その日はわりと暖かな一日だったのですが、海風のせいもあり気多大社近くはすこし肌寒かったです。

 

森に囲まれ、厳正な雰囲気。

空気が明らかに他とは違いました。

 

f:id:kanalog2016:20170306133209j:plain

 

帰りはこの本殿の裏の「入らずの森」の植木に協力し、帰ってきました。

後日、自宅に家内安全を祈祷していただける旨のはがきをいただきました。

 

では、このへんで。

すべて受容すれば楽になる

こんにちは。

今日は「受容」することについて書きます。

もし、あなたが今何かつらい状況でどうしても耐えられないようなとき。
すべて、受け入れてください。

例えば、仕事が終わらなくて辛いのならば、
・仕事が終わらない自分を攻めている
・終わらなくて怒られるのが怖い
・周りに迷惑をかけるのが嫌
・無能だと思われたくない

僕なんかはこんな感情が原因で辛くなりますね。

そんなとき、すべて受け入れればいいんです。ある意味、自分を捨てて。
・仕事が終わらない自分が自分なんだなあ
・怒られてもいいか
・迷惑かけてもいいか
・自分は無能だなあ

こうやって、ちょっと客観的に考えると、楽になりますよ。

頑張りすぎないよう、「受容」が大切なんです。

 

人をつなげる

こんにちは。

行動力についての話は先日少ししました。

今日は、その結果の話についてちょっとしますね。

どんどん色々なところに顔を出す。すると、そこで出会いが生まれます。
僕は、これを「ご縁」とよんで非常に大事にします。
そのご縁をその場限りのものにしては非常にもったいないんです。

どんなひとがどんな分野でどんなことをしているのか。
それを、頭の片隅に入れておくんです。

そして、自分が何かしたいとき。あるいは、他の人が何かに困っているとき。

そんなときは、その関連の人に連絡を一本!
それで解決しなければもともと。解決すれば儲けもの。

解決しなかったとしても、そこで連絡を取ることで「ああ、あのときの!」と思い出してもらえますし、ご縁が生きます。
ご縁を殺してはもったいない。

僕は今、自分には何の力もないと考えています。
でも、これは決してネガティブな意味ではないんです。
自分に何の力もないのなら、今は他の人の力を借りればいいと思います。

そして、もし自分が力になることがあるのなら、全力で恩返しする。それは、今かもしれないし、将来かもしれない。
この世ってそんなもちつ、持たれつだと思うんです。

そうして、人と人がつながるって素敵なことだと思います。

 

今、僕はしたいことをできている

 

こんにちは。
 
ふと、思ったこと。
 
僕は次の春から大学3年生になります。
 
そろそろ、本気を出すときなのではないかなと思うわけです。
学生のうちにしかできないこと。まだまだある面白いこと、したいこと。楽しいこと、したいこと。
4年生になれば研究室への配属や院試の勉強がありますので、3年生はある程度時間の自由がある3年生最後のチャンスなのではないかと思っています。
 
 
僕の今の一番の強みは「行動力」と「学生」という立場なんだと思います。
 
何か面白そうなことがあれば「即」行動に移してみる。
 
「イベントに参加します。」
その連絡を一本入れるだけ、指先ひとつでその後の生活が大きく変わるかもしれない。
 
そんなことを今考え、ワクワクしています。
 
そして、学生という立場。
これは、本当に強い。稼ぎもなくまだ何の価値もない自分がここに居座ることで出来ることの幅がおおきく広がるんです。
学生を応援してくれる人や団体はたくさんいますが、これが無職になるとほとんどいません。
なにをしても許される、というわけではないですが、「まだ学生だから」という言い訳がまだ通用する、保険が効いている時期でもあるんですね。
 
だから、まだ失敗が許される次期に、大きな失敗をする。
そのために、どんどんいろんなことに挑戦していく。
 
できなかったら、ごめんなさいでいいじゃない。
 
そんなことを考えています。